日本でも治験が始まって期待が集まっている

「日本でも治験が始まって期待が集まっている」のイメージ画像

新型コロナウイルス感染症の治療薬としてイベルメクチンを用いた臨床試験は世界各国で行われています。

しかし、日本国内では製薬会社が主体となって行われている臨床試験はありませんでした。
そんな中2021年の7月1日から日本の興和株式会社がイベルメクチンの臨床試験を開始すると発表しました。
元々、イベルメクチンの臨床は企業が主体となってされることは少なく、医師団体などが主体となって行われることが多く、資金面や患者数などの様々な問題が立ちはだかっていました。
しかし、製薬会社が主体となって行われるイベルメクチンの臨床試験によって、有効性が確認されれば新型コロナウイルス感染症の治療薬としてイベルメクチンが幅広く活用されるようになることに期待されています。

まだ、臨床試験はスタートしたばかりであり、結果が出るまでには時間が掛かります。
臨床試験の結果、有効性が確立されれば安心して、イベルメクチンを利用することができるようになります。
その分、世界的なニュースになる可能性も十分秘めており、イベルメクチンを容易に手に入れることができなくなる可能性もあります。

今なら、個人輸入代行などを利用すれば、非常に安価で簡単に手に入れることができるため今の内から購入しておいて、新型コロナウイルスに対して対策を立てておくのもひとつの方法です。